コミニュケーション

突然ですが、南米の端っこに来てます。
ただいま夜中の1時近い時間ですが、目が覚めてしまい
パソコンなどを除いてます^^


今回も同じところに泊まっているのですが、部屋の空きが少なく
ちょっと狭い部屋へ。
隣の人とのコミニュケーションがよく取れます(笑)
どうやら、ネット電話で誰かと話しているよう。
ってそんなのまで聞きたくなくても聞こえてくるという。

ここ、プンタアレナスという町は、チリの中でも住みやすい街として紹介されているそうで、
来るたびによさげなレストランなどもできています。

ここも、新しくできたピザ屋さん。


お店のおすすめのピザを頼みましたが、とても美味しかったです。
スポンサーサイト

ど~ん

最近、本読んでません。

さすがに次男くんも5年生になり、親父に本を読んでもらうというよりも
自分でゲームの本^^を見ていることが多くなりました。
ゲーム本か~

まあ、いろんな本を提供できない親のせいでもありますかね。
今は、わからない単語を聞かれて答える、自動翻訳機みたいになってます。
ドラえもんか(笑)

なので、食べ物の事でも。

先日、広島に行く事がありまして、最近できたLECTという新しいショッピングモールに行ってみました。



でかい
しかも、来ている人たちがみんな都会人(笑)
デパート、いや私の世代的に言うと百貨店に来ている感じです。
みんなハイソというか、小綺麗、いやいや大変ファッショナブルな方々ばかりです。

こんなところができると、いわゆる昔ながらの百貨店なんていらなくなりますね。
ベンツとかの車も売ってるし。



中にある本屋もこんな感じで、
冷静に見ると、蔵書数ではいい勝負しているかとも思いますが、
こんなレイアウトは地元では考えられないな~。

購買力の差なんでしょうかね。

そして、昼食には長蛇の列ができてました。
東京の老舗 天丼屋さんの天丼。



はい、並んで食べました。
とても、揚げたての歯ごたえがよく、美味しかったです。
食べた後もそれほど胸焼けすることもなかったし、
いい油を使っているんでしょうね。

機会があれば、また頂きたいです。

今日の本 1591

今日の本はこれです。


「わくせいキャベジ動物図鑑」 作・絵:tupera tupera

NHKの教育番組って、僕らの時代は
クソつまんないもんの代名詞みたいでしたが、今では大変身です。

面白い。

しかも、どう見たって大人向けじゃないの?と思えるようなものもある。

それだけ、今の子供が大人化してるってことかな?
まあ、面白いです。
そんななかで、このtuperaさん、いろいろやってました。
これは番組ではやってないみたいですが、そのノリで作ったようです。

こんなん考えるの面白いだろうな~

今日の本 1588 1589 1590

今日の本はこれです。


「フワフワ」 作:おおなり修司 絵:高畠 那生

前回呼んだ本にはフワフワさんが出てきていました。
これは全く関係はないですが^^
でも被り物って取れるとその下がどうなっているのかって気になりますよね。
それにしてもダチョウって。
ガチョーンのパクリなのかな

次はこれです。


「ほのちゃん」 作・絵:中野真典

これも、印象的な絵。
ストーリーはほのちゃんといわれる女の子の話。
とても印象的な話です。
子どもの頃はこんな原色の物語を思い浮かべていたのかな~

すみません。忘れました

最後はこれです。


「ぼくらのエコー」 作・絵:荒井良二

これは、一昨年のNHKの小学生合唱コンクールで
課題曲として使われていた話です。
実は娘も頑張って練習していました。
だから話はよく覚えているんですが、
こんな絵になっていたのかって、子供たちと見ました。

娘曰く「私より下手」って
おいおい、個性だから。

今日の本 1587

今日の本はこれです。


「クネクネさんのいちにち きょうはパーティーのひ」 作・絵:樋勝朋巳

はい、クネクネさん、再登場です。
ちょっと、踊りを期待していたのですが、踊りはほとんど出てきませんでした。
でも、いろいろ素性が。
クネクネさん、パン屋さんだったんですね。
パンを捏ねるからクネクネなのか?
フワフワさんの本当の顔は?
ヨコスカさんの出身地は?

謎が深まるばかリです(笑)

ビーチ!

今年のGWは天気がよくていいですね!

と言っても、娘の水泳の練習+長男のゲーム三昧などで
ほとんど家でごろごろ状態。
まとまり感のない我が家は普通の休日と全然変わりません。
一人で出かけようとも思いますが、子どもを置いてとも思うし、
かと言って、誘ってもどこにも行かないとか・・・

まあ、個性といえば個性なのかもしれませんが、寂しいなー

で、ちょっとだけビーチに行って来ました。



流石に、まだだれもいません。


静かなここは、結構砂浜の植物が残ってます。
これはコウボウムギの花畑。
ちょうど花盛りです。
茶色く見えるのが雄花で

これが雌花。
雌花の方が硬くて強そう^^
でも、これが、砂浜という環境に適応しているんでしょうね。


同じくこれも砂浜でよくみられるコウボウシバ。
ともにスゲ科の植物ですが、花の感じは全然違いますね。
こちらは雌雄同株。


ハマボウフウも結構ありました。


こちらはハマニガナ。結構花がさいてました。


ちょっと小さいですが、ハマヒルガオとオカヒジキかな?

ここの浜辺は結構いい状態が残っています。
願わくばこれがずーっと残ってくれますように。

今日の本 1586

今日の本はこれです。


「フトッチィーニとホソッチィーニ ふゆ・クリスマスの巻」 作:ケロポンズ 絵:にしむらあつこ

ケロポンズといえば、子供向けのお笑い芸人ですが、
こんな本も出しているんですね。
かって、子どもたちはコンサートを見に行ったことがありますが、
絵本は初めてかも。
歌が出ているのですが、さっぱりわからず。
家は楽譜読めないからな~
歌えると楽しいんでしょうね。
でも、次男にはちょっと不人気でした。
そろそろ、こういうのは終わりかな。

初見

4月の初めに、下関で行われる海峡ウォーク。
ここ数年歩いていて、気になるところがあったので、今日行ってみました。

ちょうど、工程の2/3ぐらいのところで、ゴールが頭の中に浮かんでくるあたり。
本当はゆっくり見て歩きたいところですが、そんなことしたら
足が止まってゴールできなくなりそうと思い、
ずっと通り過ぎていたところです。

小道

今日は、誰もおらず、ゆっくりと歩けます。
とてものんびりしていていいところ。

海峡ウォークの時はスミレが花盛りでしたが、
コバノタツナミ
今はコバノタツナミソウが花盛り。

その他、オドリコソウ、ウマノアシガタ、カキドオシなどなど。

キクムグラ
キクムグラもありました。

ムラサキケマンなど、普通のようで近所ではあまり見ないのもあったかと思えば・・・

セリバヒエンソウ
セリバヒエンソウ
外来種ですが、あまり見ないかな。

ナガバタチツボスミレ
木陰にはまだスミレも。ナガバタチツボスミレも随分と大きくなってます。

道の山側が古い石垣やのり面になっていて、これらの地の植物が沢山
はえています。でもイヌノフグリはなかったな。

結構、乾燥した感じだったのですが、こんなのもありました。

タニギキョウ
タニギキョウです。
谷沿いみたいに湿った、どちらかというと林内みたいなところにあるのが
普通と思ってましたが、こんなところにもあるんだ!という感じです。
ちょっとうれしくなりました。

道

道沿いにはウマノアシガタが花盛り。

こんな道がなくならないことを祈っています。

で、最後に竹の歌を^^



対岸の竹林、太陽が当たるせいなのか、破裂するような音が断続的に聞こえました。
新しい竹が出るところ?
それとも古い竹が割れるところ?
何なんだろう?
とっても不思議な時でした。

今日の本 1584 1585

今日の本はこれです。


「どんまい!こめごろう」 作・絵:よしなが こうたく

久々のよしながこうたくさんの本。新刊かな?
今回はおこめの話ですが、相変わらずぶっ飛んだ話です。
この世界観はだれもまねできないでしょうね。
で、珍しく後編につづくような終わりでした。
どうなる?サムソン君

そして次はこれです。


「たべたあい」 作:高山なおみ 絵:中野真典

大型の本です。
高山さんの本は以前も読みましたが、こちらもかなり迫力あります。
で、関西弁?なのかな。
でもいわゆる落語などで出てくる関西弁とはちょっと違う感じもします。
こちらも、個性というか、ストーリー、絵ともにかなり強烈というか鮮烈。
よしながこうたくさんも、色あせるくらいです。
いろんな方がおられますね。

今日の本 1582 1583

今日の本はこれです。


「うちって やっぱり なんかへん?」 作・絵:トーリル・コーヴェ

ノルウェーの女流作家の作品です。今はカナダに住んでるらしいですが。
北欧の人の作品って、なんだか独特の雰囲気がありますね。
なんか、価値観というか視点が違うっていう感じ。
しかも、ノンフィクションに近く、今風なこの話は
へーーーって感じです。
行ってみたいな。

ノルウェーの人って、みんな裸で寝てるんですかね?

次はこれです。


「おふろやさん」 作・絵:西村敏男

思いっきり和風です。
しかもサイレント。昭和臭プンプン。
銭湯に入った時の話なんですが、今時の銭湯ではこんなのないでしょうね。
あるのかな?
あまりにもリアルっぽい絵なので、私の方が見入ってしまいました。

えっ?背景ですよ、背景^^

Time

FC2カウンター

プロフィール

el_desvios

Author:el_desvios
頑固オヤジ
Escribo las cosas misceláneas todos los días.

World Community Grid

カーリル

本の検索できます。

今日の本

el_desviosの最近読んだ本

検索フォーム

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム